ウエディングドレスから子供ドレスへのリメイク作業工程

10,000円以上のご注文で往復送料無料
目次

ウェディングドレスを子供ドレスにリメイク

光沢サテン刺繍ドレープドレス

白い光沢のあるサテンドレス。切り替えからやや広がりのあるスレンダーに近いAラインで、胸元と裾にお花の刺繍とビーズが施されています。

後ろ身頃のコサージュ

前身頃は上品な印象に対し、後ろ身頃は大きいコサージュが華やかで、コサージュから下のドレープがエレガントさを演出しています。

長いトレーンにはお花のモチーフ飾りがついています

トレーンも長く、透け感があり刺繍も美しいです。 ところどころに立体的なお花モチーフの飾りがついており、 それを囲うように刺繍が入っています。まるでお花が咲いているかのようなデザインですね。 今回は、コサージュとドレープを存分に生かしたリメイクデザイン案3型を提案させていただきました。

ウエディングドレスリメイク工程

デザインに合わせて裁断します

早速作業開始です。 まず、ウェディングドレス後身頃のドレープ部分を解体し、裁断しなおします。
こちらはベビードレスの前身頃のデザインとなります。

フリルを作成します

次にウェディングドレスのサテン生地を使用し、フリルを作成します。
フリルはベビードレス両脇のデザインです。フリルの分量は、バランスを見ながら調節していきます。

トレーンよりレースを切り抜きます

ベビードレスの裾に縫い付ける為のレースをトレーンから切り抜きます。
レースとオーガンジーのギリギリのところを、慎重にはさみを入れていきます。 職人も、より緊張感をもっての作業となります。

ベビードレスの裾にレースを縫い付ける

ベビードレスの裾に、ウェディングドレスのトレーンから切り抜いたレースを縫い付けていきます。
細かい部分は手作業となります。デザインや着心地の良さを引き出すため、それぞれのパーツに合った縫い方で、正確に縫っていきます。ミリ単位の作業は、まさに職人手技です。

前身頃にも刺繍を縫い付けていきます

前身頃にもトレーンから切り抜いた刺繍を縫い付けていきます
赤ちゃんの肌に当たる部分はWガーゼを内側に縫い付けます。 見えない箇所にも職人のこだわりを感じますね。

コサージュを小振りにアレンジ

全体的な縫製が出来上がりました。いよいよ最終段階です。
お母様のウェディングドレスのコサージュを、ベビードレス前身頃に配すため、小振りにアレンジしていきます。こちらは完全な手作業となります。デザイン画では表現できない部分ですので、職人の感性が問われる瞬間でもあります。

アレンジしたコサージュを縫い付けて完成

アレンジしたコサージュを縫い付けて完成です。

サテン地をベースにウェディングドレスバックデザインのドレープを再現しました

サテン地をベースにウェディングドレスバックデザインのドレープを再現しました。 後身頃を比較すると、そのまま再現されていることがよくわかります。
両肩のフリルがかわいらしいのに加え、切り替え部分のコサージュがアクセントになり、華やかです。エレガントかつ可愛らしいセレモニードレスが出来上がりました。
まさに、“お母様のウェディングドレスをお子様が着た”という印象が強く残る一品ですね。
お母さんと同じドレスを着ることができたという喜びは、何物にも代えがたい幸せな想い出となるでしょう。
将来、お子様の満足げな表情が目に浮かびますね。 親子の絆も、より一層強まりそうです。

ベビーセレモニードレス  33000円

ドレスクリーニング、修理、リフォームの疑問、ご注文全般の疑問等ございましたら、よくあるご質問をご覧ください。

0120-890-861

電話受付時間9:00-18:00