カラー(カクテル)ドレス・パーティドレスのクリーニング

10,000円以上のご注文で往復送料無料
目次

付属品、飾りも多いカラードレス

カラー(カクテル)ドレス・パーティドレス

カラー(カクテル)ドレス・パーティドレスは、ウェディングドレスとは違って 優雅でカラフルなだけに、付属品、飾りも多く、クリーニングにはとても気を使います。

スカート中央に大胆なバラをあしらったカラードレス

スカート中央に大胆なバラをあしらったカラードレス。 形を壊さないように、また仕上げで形を整形します。

ドレスと同じ生地で作られたコサージュ

ドレスと同じ生地で作られたコサージュは、着用時に形が崩れていることがあるので、 良い形に成形します。サテン、シフォン、タフタ、オーガンジーなどの生地に縫い付けられていますので、 その繊維を養生しながら、適切なクリーニング処理をいたします。

網目模様のチュール生地の上に刺繍の花やコサージュをあしらったドレス

網目模様のチュール生地の上に刺繍の花やコサージュをあしらったドレス。 中には染色の弱い糸で作られているものもあり、洗う前に染色堅牢度を調べて、 色止め作業をしてから洗うこともあります。

プロの醍醐味!カラードレスの洗い(クリーニング)

ドレスの洗い

さて、ドレスの洗いです。ドレスの汚れは表地よりも裏地に多くあります。地面を引きずるトレーン(引きすそ)があるからです。その部分を見つけ、徹底的にキレイにします。

 柔らかいブラシでブラッシング

柔らかいブラシでブラッシング。使う洗剤は天然石鹸と油性用のシミ抜き剤、酵素剤など、 汚れ、シミの内容によって使い分けします。それでも取れない酸化してしまっているシミは、いったんしみ抜き部門に回されます。

汚れを見逃さない検品

洗い終わりに再度検品されます。

洗い終わると、仕上げる前にすべてのドレスは、再度検品されます。

細かくチェック

汚れ、シミは残っていないか、ほつれ、破れはないか、 また飾り、付属品の異常はないかなど、細かくチェックされます。

洗いで取れなかった場合は、シミ抜き工程に

ほとんど気が付かないような汚れでも、再処理、洗いで取れなかった場合は、シミ抜き工程に 入ります。

設備も技術も卓越した、しみ抜き技術

トレーン(引きすそ)部分のひどい汚れ

トレーン(引きすそ)部分のひどい汚れ、すそを引きずるので、床のワックスなどの油混じりの汚れなど洗いの現場で取れなかったシミ、汚れはしみ抜き工程で処理してキレイにします。

 口紅、ファンデーション、飲み物の食べ汚しなどは、漂白作業をおこなう

口紅、ファンデーション、飲み物の食べ汚しなどは、酸化して変色してしまっていることが多く、 漂白作業をおこない、もとに戻します。

赤ワインのシミ

赤ワインのシミは、色が強いので、ワインの汚れを特殊なブラシで、下のタオルに叩き出し、 残った色は漂白します。

“ガン”とよばれているしみ抜き機です

これは、“ガン”とよばれているしみ抜き機です。 先端からしみ抜き溶剤が勢いよく吹き出し、シミを溶かします。

ドライヤーで仕上げをします

溶剤や漂白剤を使用したあとは、水や中和剤でよくゆすぎ、 ドライヤーで仕上げをします。

アイロン仕上げ後も最終検品

アイロン仕上げはすべて手仕上げ

アイロン仕上げはすべて手仕上げで、業務用のアイロンで蒸気の出具合いをレバーで微妙に調節しながら、全身を仕上げていきます。

最終仕上げ検品

最終仕上げ検品です。この部所からお客様に納品されますので、完成品としてすべてのチェックを行います。

検品から始まり、検品で終わる

ウェディングドレスクリーニングは「検品から始まり、検品で終わる」と言われます。 検品の重要性をスタッフ一同心がけています。

ドレスクリーニング、修理、リフォームの疑問、ご注文全般の疑問等ございましたら、よくあるご質問をご覧ください。

0120-890-861

電話受付時間9:00-18:00